東浜海岸 養浜工事 2016.1.11

blog 2016/01/12

この水仙の周りに雪が積もっている年もあったであろう、1月11日です。
暖冬で積雪はありません。それと、例年より海水温も下がっていないようです。
ですが、この冬も現時点で何回か波が大きくなった時があり、海岸の砂が持っていかれました。

砂浜が狭くなる状態というのは、砂がえぐられて、崖のようになります。
20160111_1

むやみに近づくと、転落の危険があるため、ロープが張られます。もしくは、さらに砂がえぐられることがあれば、対策を打つための目安になるのでしょう。

20160111_2

これ以上削られると、建物が被害を受けます。なので、土嚢や石でなんとか食い止めます。

20160111_6

白い建物はカフェで営業中です。状況を見学に来られた時には、是非お立ち寄りください。

20160111_3

しかし、これだけの石はどこから運ばれてくるのでしょうね?

20160111_4

石の海岸に様変わり。何が、このようの事態を招いたのか、因果関係に想像が膨らみます。

20160111_5

広い砂浜なので、海流によっては砂が残っている場所もあります。

20160111_7

関連記事:
20150607 海岸養砂工事