森林保全ボランティア養成講座で千苅貯水池へ

blog 2016/05/22

この5月から神戸市水道局が主催する森林保全ボランティア技術者の養成講座を受講している

近年、ゲリラ豪雨等により水源林の表土や倒木が貯水池に流入し水質悪化の原因となり、貯水池周辺での森林保全が必要となっている
その保全をボランティアで作業する人を養成していく

先週1回目の座学は田植え作業のため欠席した
今回は神戸市北区にある千苅貯水池を見学

千苅貯水池

大正3年から5年にかけて建設されたダム
「有形登録文化財」「近代化文化遺産」として価値がある

20160521_8

森林保全

常緑樹のアカラシ(ブナ科)、ヤブツバキ(ツバキ科)などが伐採の対象で、落葉樹のコナラ(ブナ科)を残す
風通しがよい明るい林を目指していくのだ

20160521_2

危険な植物

知らずに触れるとかぶれるヤマウルシ(ウルシ科)の幼木

20160521_7